お受験成功の秘訣

お受験成功の秘訣

吉祥寺英心の木暮先生にインタビュー By 小学校受験データサポート

個人塾_英心の魅力お受験成功の秘訣
英心の一番の魅力は「家庭学習禁止」だと思います。家庭での学習量が合否を分けるという風潮の中で、木暮先生が家庭での学習をすべきでないとお考えになるのはどのようなお考えからでしょうか?
Answer:英心の小学校受験指導は自宅で山ほどのプリントノルマを課して授業で答え合わせをする自宅丸投げ型でありません。子どもたち個々の目線に立ちニュートラルな状態から精一杯パフォーマンスを発揮できるようにと工夫された当塾独自の【H.S.J小学校受験指導術】をモットーとしています。ご家庭は小学校受験ではビギナーです。ご家庭ごとに異なる付け焼刃的な教えで授業に参加されてはセオリーを構築することはできません。躍起になって家庭学習にお時間を費やす分をより良い子育てに充ててほしいとの願いからです。

個人塾としてごくごく少人数で特に白百合や暁星への合格の割合は驚異的だと思いますが、やはり入会時に厳しく選抜をするのでしょうか?
Answer:選抜は一切ありません。他塾との掛け持ちをご遠慮願えれば、字が書けない、数が数えられなくても結構です。選抜の代わりに行う体験教室はお子様の出来不出来ではなく私が責任を持ってお預かりできるか否かを拝見させていただく場であると考えています。ありのままのお子様を拝見できれば幸いです。合格率の高さは個人塾ならではのきめ細やかな受験指導、子どもの心に寄り添った熱意ある受験指導、誠実な受験指導にあると自負しています。白百合・暁星の二校は実力主義の入試だけに相性がよいですね。

幼児教室との相性で悩んでいるご家庭は多い気がしますが英心に通うことで解決できるのはどのようなケースでしょうか。
Answer:巷の噂に振り回されなくなるようです。その結果、親御さんが子育てに対する奥深さ、広い見識でお子様と温かく接する心のゆとりが持てるようになります。英心では日々のお悩みはその都度解決し帰宅させます。親御さんを悶々とした心、疑心暗鬼のまま帰宅させては子どもの精神衛生上も良くありません。家では子どもに愚痴るのではなく、笑顔の父親・母親でいて欲しいですね。小学校受験以前にすべきは【後悔のない子育て】ではないでしょうか。

耳の痛いお話ですが、確かに入学試験でも親子間の信頼関係を見ようとする小学校が少なくないことからも納得できるご指摘です。家庭によって小学校にも向き不向きがあるように英心には不向きな家庭もあると思います。木暮先生からご覧になってどのような家庭(こども)には不向きな幼児教室だとお考えですか。
Answer:様々な課題を必ず解決いたしますのでうまくいかないケースということではありませんが『他塾でマインドコントロールをされたご家庭』たとえば「背丈ほどプリントをさせないと合格できない」などの強迫観念から親御さんを解放するのに三ヵ月はかかります。それと、お受験、お受験した子どもらしくないお子様は本来の笑顔を取り戻すまでに相当な時間を要します。いま一つは有名私立小学校に見栄でわが子の合格を望むご家庭でしょうか。

木暮先生の教育スタイルは合理的であるがゆえにドライに感じることもあるかも知れません。しかし、それは木暮先生の子どもに対する姿勢を見れば間違いであることに気が付きます。一人ひとりの子どもの様子をじっと見て子どもの本当の能力を引き出すことを重視しています。そのために時間が必要であれば急かすことをせずに待ち続ける方です。子どもの成長は押し付けるのではなく引き出すものであるということが共感できるご家庭にはこちらの幼児教室の存在が福音になるはずです。

ズバリお受験成功の秘訣とは
Answer:お受験の成功は【よく見るよく聞く・よく話す
この三本柱をしっかりと構築することです。幼児期の生活はこの3つで成り立ち、きちんとできている子どもは瞳がキラキラと輝き、機敏で覇気があり、個性豊かで学習能力が高いですね。
そのためにしつけるのです。しつけることで「素直さ・集中力・根気・情緒」が備わり、ゆえによく見る・よく聞く・よく話す_この三本柱が太くなり、自ずと言語能力に優れ学習力の向上が容易です。
且つ【食う・寝る・遊ぶ】のできている子どもはなおのこと伸びが期待できます。

子どもって四六時中動き回っていますね。
Answer:そこで【静と動のけじめ】の躾が肝要です。
動作を止め、心を静める、次の動作に移る前に一瞬の『』と心の平静『』を心がけましょう。会話の中にも静と動のけじめが大切です。

最近の子どもは落ち着きに欠け会話が片言でたどたどしいですね…。
Answer:【言葉の躾】が人生観を左右します。
言葉は自分の考えや意思を伝える道具です。豊かな思考は言語能力で差が出ます。幼児期の「あれ・これ」・「みず」の類の単語での会話はキレる子どもを育てているようなものです。「て・に・を・は」も幼児期のうちから意識させましょう。

【言葉】を育むのって難しいですね。
Answer:スマホ片手に言葉を育むことはできません。
1にも2にもご家庭内での会話の機会をタイムリーに増やすことです。子どもが「未知の言葉」に関心を示した時こそ言葉を育む絶好の機会なのです。その機会を見逃すことなくいかに増やすか工夫しましょう。

【言葉】って大切ですね。
Answer:幼児期の褒美は言葉で褒めること。
褒美を『おもちゃ・お菓子・遊園地』にしてはいけません。心の底から言葉で褒めましょう。物での褒美はすぐに飽きます。そして年齢とともに肥大化します。言葉での褒美は生涯心に刻まれ心を豊かにします。言葉の躾心の躾そのものです。
心の躾】の躾。
消費は美徳_高度成長と共に死語となった2つの。…。
もったいない』の。物(有形)を大切にできない人が無形であるを大切にできるわけがありません。
罰が当たる』というがあればこそ人は誰も見ていなくとも自らを戒め善行に努めるのではないでしょうか。

他に幼児期の能力を育む秘訣はありますか。
Answer:【不自由】をかけること。
能力=知恵】幼児期の不自由さが知恵を育みます。人類は二足歩行をすることで空いた手が器用になり道具を操り、言語を備え、知恵が発達しました。皮肉にも今、その余りある便利さが人のを貧相にしています。初めて伝い歩きを始めた時期に不自由をかけることで知恵はどんどん豊かになります。今からでも遅くはありません。

真の個性尊重とは。
Answer:野放図に育てることではありません。
個性を伸ばしたいなら子どもは凸凹のままでよい。短所と思われる出しゃばったところを切り捨てるのではなく凹んだところにセメンを塗って丸くする。それを繰り返せばどんどん大きくなります。切り捨てていたらどんどん小さくなるばかり。これを心がけ実践することが個性尊重、個性を伸ばすことに繋がります。