夢は叶う!聖心女子学院初等科合格体験記☆【塾選びの失敗はお受験の失敗!】〔体験したことのないお受験指導〕幼稚園児・4月,5月生まれが有利な小学校受験、保育園児でも早生まれでも[塾]次第_[体験の日]のご縁で夢を実現!

聖心女子学院初等科 母親

英心は「小学校受験に勝ち抜く強い力を子どもに植えつけてくれる」幼児教室です

我が子に小学校を受験させようと決めてから、まずどちらの幼児教室に通わせたらよいのか、全くわからずに悩んでいた時、書店で偶然「お受験の本」を見付けました。たくさんの幼児教室の先生方のお話が書いてある中で「この先生に会ってお話を伺いたい」と思ったのが木暮先生でした。
早速、連絡をして体験をさせて頂きました。その時に私が思ったことは、随分小さな声で子ども達に話し、あれこれと子ども達に話さない先生という印象でした。授業後、私が思ったことを伺ってみると、先生は「大きな声で話す必要はないのです。この方が子ども達は一生懸命に聞こうとしますし、試験は1人で受けるのですから、あれこれ言われてばかりいると、自分で考えて行動が出来なくなりますからねぇ。」まさにその通りだと思いました。そして、今まで私が考えていたことや質問を1つ1つ丁寧にお話をして下さいました。この先生なら、どんな小さな事にも熱心に答えて下さる。この先生ならついていけると確信し、その日に入会させて頂きました。
私が感じた英心は「小学校受験に勝ち抜く強い力を子どもに植えつけてくれる」幼児教室だと思います。子ども達1人1人の性格を把握し、それぞれに合った方法で誉めて叱り、授業中では、ここで叱ると全体がどうなるかなど、先生の計算が働いていることを後に知りました。
英心では手間と時間をたっぷりと使って、集中力と強い心を養ってくれて、木目細かな対応をして頂けます。
入会して間もなくした頃に「この子たちの目は確実に変わります。」と断言してくれました。娘は、ほんとうにだれから見ても、のんびりとしていたのです。幼稚園の先生からも「もう少し欲が出ないと小学校受験は難しいのでは。」と言われ、落ち込んだ時もありました。先生にやはり娘に無理なことをさせているのではないかと相談すると、先生は「お母さん、ぼくは以前にもお話したように、必ずAちゃんは変わると言ったでしょう。幼稚園の先生は、幼稚園の先生であって、小学校受験の先生ではないのですよ。それに1度受験すると決めて、ここまでがんばってきたAちゃんに対して失礼ですよ。」 と、とても厳しいお言葉を頂きました。厳しいお言葉の中にも先生の自信をとても心強く感じ、まだまだ変わらぬ娘と片道1時間、週に2~3回通い続けました。
そののんびり屋の娘も、先生の予告通り、受験直前に目ざめ、私たちから見ても変わった様子が伺え、嬉しいことに2校から合格を頂くことが出来ました。この2年間、先生を信じて、ついて来てほんとうに良かったと思います。