夢は叶う!田園調布雙葉小学校合格体験記☆【塾選びの失敗はお受験の失敗!】〔体験したことのないお受験指導〕幼稚園児・4月,5月生まれが有利な小学校受験、保育園児でも早生まれでも[塾]次第_[体験の日]のご縁で夢を実現!

田園調布雙葉小学校 本人

先生は何でも面白くしてしまう_また来るのが楽しみ

カランカランと私はドアを開けそこに入る。ここは『英心』である。私は先生に「こんにちは~」と言い、受付の前のくじを引きくじの番号を見て、その番号の席に座る事になる。
くじを引いて奥へ行きソファに座り友達と話したり、遊んだりする。木暮先生が「始めるよー」と言うと、棚に置いてある自分のクレヨンを持ってくじで決まった番号の席に座り、勉強を始める準備をする。椅子に座って目をつぶり気分を落ち着けてから授業は始まる。
先生はみんなに、ニックネームをつけている。私はドラミである。なぜかというと私はまつげが長く、顔がまるいから!ほかにジャイアンもいる。木暮先生はドラえもん。理由は?ナゾにつつまれている。
問題が解けると先生の所へ。先生は丸かチェック(ばつ)をつけて分からない所はヒントをくれる。必ず○がもらえるまでみな頑張る。人数はたいてい10人位。先生の説明はおもしろい。先生は何でも面白くしてしまう。
受験が近くなると面接や試験の練習など、風船をわらないようにけって1往復をするゲームや平均台の上にものを置き、倒さないよう渡る課題や、走り幅跳び、言葉をつかうゲーム等々みんな真剣に挑戦する。
私達の勉強が終わるとお母さん達は木暮先生から解説を聞く。私達は帰る準備をして遊んで待っている。この時間は楽しい。15分~30分の解説が終わると、お母さん達が出て来る。お母さんに、勉強用紙を見せ、先生に、「さようなら~」と言い英心のドアを閉めた。また来るのが楽しみだ。