光塩女子学院初等科 母親

光塩女子学院初等科 母親

“「何かしなければ」と思っていらっしゃるならぜひ英心の体験教室に参加していただきたいと思います”

合格通知を受け取った母親が涙声で私に喜びの電話をかけてきた時、ちょうど2年前英心に入ったときの事を思い出しました。 当時は小学校受験のことなどまったく意識することなく、むしろ「育児」と呼べるような子育てもしていなかったように思います。 「何かしなければ」 という思い、今振り返ればこれが大切だったというわけですが、そう思っていらっしゃる親御さんがいるならぜひ英心の体験教室に参加していただきたいと思います。
小学校受験を始めようというレベルにも達していなかった私たち家族は、「本当に小学校受験なんてできるのかな」 という不安を残したまま英心の体験教室に参加しました。 そこが私たち一家のすべての始まりだったように思います。 先生がいつも一貫したけじめと、言葉だけではない、心からの躾を傾注していらっしゃることに呼び覚まされ、合格通知を受け取るまでは私たち一家のこの上ない成長を英心と共に遂げることができました。
我が子は年中でやんちゃの真っ最中、父親・母親とも仕事に没頭し我が子のほとんどに時間を保育園に任せっぱなしでした。 英心の年中クラスではお返事もろくにできず、集中力も途切れいつも鉛筆を落としてばかりいました。 後ろで参観している親を気にしたり、お話している先生とは違う方向を見たり・・・それでも先生は笑顔で我が子の可能性を見抜いておられ、良い所をそのまま伸ばし、直すべきところは家庭と共にご指導くださいました。
通い始めて数ヶ月、いつの日か我が子はわざわざ電車に乗って吉祥寺の英心に通うことが 「楽しい」 と言いはじめ、目を輝かせながら通学するようになりました。 考え、学び、できた!ということが嬉しくて、このときから急激に成長しています。 先生が直接、十人十色の子供の性格や個性・その日のお子さんの調子をしっかり把握され、希に見る優れた少人数ならではの指導をすべて自らの教壇でなさっているからでしょう。 返事もしっかりとできるようになりました。自分からものを考え、発言し、まるで何かのスイッチが入ったように、元気な子供に生まれ変わったようでした。
入学試験では、英心の授業で学んだことだけでなく、両親も重要なキーポイントでした。 面接はもちろん、子供の行動観察では普段子供との親子関係や家庭が赤裸々に採点されていると思います。 英心では親子面接の対策と、面接の模擬試験を何度も実施していただきました。 また家庭ではペーパーのトレーニングをしないことになっているので、試験直前まで穏やかに、そして家族一緒にがんばろうね、という意気込み強く、おおらかに試験当日を迎えることができました。 ボレロを身にまとい、きちっと三つ編みを下げた我が子が呼ばれ、大きな返事で手を挙げた姿は大きな自身に満ち溢れていました。 今まで英心で教わってきたこと、そして心から心へと指導していただいたことを胸に全力で試験教室に入っていく後姿に思わずホロリと、合格を前に感涙してしまいました。
これほどまでに自信が出なかった私たち一家を、着実に合格へと導いてくださいました英心のご指導が素晴らしいのは言うまでもありませんが、何よりこれから小学校受験を目指す方々にお伝えしたいのは、大切なのは幼児教室選びだということです。 学力だけではない、子供が育まれるための生活・しつけ・勉強のそれぞれの目的が英心にはあります 。英心での経験と、毎日がんばったからこそ習得したこころとからだで私たち一家が始められる新しい生活が楽しみです。 このことが、私たちが英心を選んで正解でした、といえる一番重要な点です。 先生のご指導は、無限の可能性を秘めた小学校生活の礎になると確信しています。本当にありがとうございました。