英心では 土日も授業を行っており 共働きの私達の条件に合っていました

英心では 土日も授業を行っており 共働きの私達の条件に合っていました

小学校受験を考え始めたのは年少の秋でした。
今、親としてできることは何だろうか?と娘の将来について真剣に考えた時に、「より良い環境で育って欲しい」と夫婦の意見が一致しました。
当時の私達は小学校受験について、「公立の小学校よりも環境は良い」程度にしか思っておらず、大学受験と違いそこまで受験の準備をしなくても大丈夫だろうと考えておりました。
しかし、いざ小学校受験に向けて幼児教室を探し始めた際にその考えが甘かったことを思い知らされました。
はじめは、近いという理由で近所の大手の幼児教室の体験授業を受けました。
体験授業では周りの子供がきちんと話を聞くことができる、大きな返事ができる等、娘にはできていないことが他の子はできており、すでに出遅れていると焦りを感じました。
私達は共働きで平日の授業を受けることができないため、週末に授業を行っている幼児教室を探さなければなりませんでした。
大手の幼児教室では年中の授業は土曜日に授業を行っている教室もありますが、年長になると平日に授業が集中していることを知り保育園児の娘には中途半端な勉強しかさせることができず、小学校受験に成功するかどうか疑問でした。
そこから気持ちを入れ替え真剣に幼児教室を探し始めたところ、数多くある幼児教室の中から気になる教室を見つけました。
それが現在お世話になっている英心でした。
英心では土日も授業を行っており、共働きの私達の条件に合っていました。
そのうえ、「勉強は教室でおこなうので家庭学習はしなくていいです。家では躾だけしっかりしてください。」と他の幼児教室とは異なる方針を掲げていました。
早速、体験授業を申込みました。
体験授業が終わった時、私達両親は確信しました。
「英心でお世話になることが、たとえ小学校受験に失敗しても今後の娘にとって大きな糧となる。」
そう感じたのは、英心の授業では問題の回答が間違えていても、決して答えを教えず子供達に自分でどこが違うのかを考えさせることを徹底しているためです。
実は英心の体験授業の後すぐに申し込みをしようとしたのですが、もう一つ大手の体験授業を予約していたため、そちらの授業を受けてから判断することにしました。
木暮先生に正直に「実はもう一つ体験教室を申し込んでいるのでそちらの授業を受けてから決めます。」とお伝えしたところ、木暮先生は嫌な顔一つせず、「どうぞ、そちらの体験授業を受けたあとで判断していただいて結構です。」とおっしゃってくださいました。
そして、大手の体験授業を受けたところ、講師の他に補助をする方が教室内におり、遅れている子供の手助けをしているのを見て、これでは子供は成長しない、とすぐに英心に入会の申し込みの電話をしました。
入会後、何回も授業を拝見させていただいておりますが、木暮先生は子供相手でも決して手を抜かず厳しく対応しています。
はじめは、わからないことがあると泣いていた娘ですが、最近では泣くことも少なくなり、今では「英心で勉強をするのが楽しい。木暮先生は新しいことをたくさん教えてくれるから。」と言うようになりました。
大きく成長している娘ですが、まだまだ課題はたくさんあります。
受験まで残りの時間は限られているので、勉強は木暮先生に任せて家庭では躾を中心に自主的に行動しその行動に責任を持たせることを徹底していきたいと思っております。
今はまだ芽が出たばかりですが、いずれ成長しつぼみとなり11月には大きな花が咲くことを家族全員で願っております。