他の幼児教室は時間内での授業を優先し 生徒が受け身の教室の多さに不満

他の幼児教室は時間内での授業を優先し 生徒が受け身の教室の多さに不満

年中の9月より、娘を英心に通わせていただいております。
現在通っている幼稚園が系列の小学校へ進学する際に、難易度の高い内部進学テストがあることから、昨年に幼児教室をいくつか見学しました。
英心を見学した際には、生徒がみな元気に発言して回答しており、しかし、木暮先生の説明を聞く時には静かに集中して聞く、というメリハリのある様子が印象的でした。
体験授業の際に、先生に「聞く力をつける」・「生徒が自主的に何をすべきか考えるようにする」などの教室の方針を伺い、なるほどと思いました。
(他の幼児教室は、時間内での授業を優先し、先生が教え、それを生徒が聞いてプリントや工作を行うという、生徒が受け身の教室が多いと感じました。)
小学校受験は、問題の聞き取りも、解答も、本人だけで対応しなくてはならないため、英心での授業が役立つと考えました。
また、英心での授業は小学校受験だけでなく、将来の学生生活や、社会へ出る際にも必要となる素地を身につけられると思い、夫婦で話し合った結果、木暮先生に御指導をいただくことに決めました。
木暮先生には自宅での宿題プリントよりも、遊びの中から身につける学びや、しつけの重要性を教えていただき感謝しております。
一人っ子のためか、つい両親が干渉しがちだった娘は、最初の数回の授業ではついていけず泣いたりもしましたが、今では何事もなかったかのように通うようになりました。
学ぶ楽しさや、小学校受験に対する自覚もでてきたように感じております。
子供の適応能力に驚かされるとともに、日々たくましく成長する我が子を見守っていきたいと思っております。