“受験と関係なく娘を預けたいと思える教室だね。僕は入れることには反対しないよ”と主人

“受験と関係なく娘を預けたいと思える教室だね。僕は入れることには反対しないよ”と主人

英心に出逢ったのは娘が年中の夏、今思えば現役年長さんの夏期講習の真最中のご多忙な時期でした。
受験するか曖昧でありつつも、娘の今後が不安、という漠然とした趣旨で体験授業に臨みました。
木暮先生は初対面にも関わらず、娘の取り組みをご覧になっただけで親の私が驚く程、娘の特性を捉えご指摘くださいました。
さらに、取るに足らない私の質問に細かく答えて下さり、気付けば2時間以上が経過していました。
娘の取り組みをご覧になる先生が、決して答えを教えず、思考させる事に始終徹底されていたこと、先生が娘に託してくださった、「とにかく失敗を通じて自信をつけさせることが大事」という言葉に妙に納得して、是非、先生に娘を預けたいと思い主人に相談しました。
もともと受験に乗り気でない上に多忙な主人に英心まで足を運ばせることに一苦労、念願叶った機会は夜遅く、先生にご迷惑な時間となってしまいましたが先生はご快諾下さりました。
教室のホームページやご著書を拝読した上で、なお、受験に懐疑的な質問をぶつける主人への率直なご回答と先生の幼児教育への強い信念に感銘を受け、帰路、「受験と関係なく娘を預けたいと思える教室だね。僕は入れることには反対しないよ。」と主人。
そして、娘は年中の2学期から先生のご指導を受けるようになりました。
体験は楽しんでいた娘でしたが、次第に授業中嫌がり泣き喚くようになり、夫婦で頭が痛くなり、抜け出せないトンネルに入り込んだ気持ちでした。
先生からは「今ある姿はこれまでの子育ての結果。親御さんたちはここで初めて自分の子育てに向き合うようになる。」という旨のお言葉がありました。
順風満帆とはいかず、親としてはもどかしい日々が続きましたが、先生のタイミングの良い、娘の性格をよく捉えた上でのご指導の甲斐あり、夏期講習後の現在は入会前とは比べ物にならないくらい娘はたくましくなりました。
まだまだ、課題山積ではありますが、先生から頂いた、「昨日より今日、今日より明日」という言葉を胸に、歩みは遅くとも着実に取り組んでいけたらと思っております。
英心では子供の学習面のみならず、機を選んで躾や家庭での生活態度など全般的なアドバイスをいただくことができ、また、小学校受験にとどまらない子供達のこれから続く将来に有意義な知恵を授けていただけるので、決して無駄にはならない貴重な時間を過ごしていると確信しております。
志望校にはまだ程遠い成績の娘ですが、今後も親子共々ご指導よろしくお願いいたします。