他の幼児教室と迷っていた英心体験日の夜、娘に大きな変化が

他の幼児教室と迷っていた英心体験日の夜、娘に大きな変化が

小学校受験のために我が家がえいしんと出会ったのは年中の10月。
体験授業を終えた夜のことでした。
実は他の幼児教室と迷っていたのですが、その日、娘に大きな変化がありました。
それまでは一事が万事、一つひとつ伝えないと動けなかった子が次に使うものを自ら探し始めたのです。
こちらの幼児教室ならば、おっとりマイペースな我が子を変えてくださるかもしれないと直感しました。
その直感は的中し、当初お教室に慣れるまでの数か月は親も子も大変でしたが冬期講習を終えて三学期を迎えた娘は顔つきも変わりグッと別人のように成長していました。
先生の話をしっかりと聞き、自分で様々なことをより深く感じ、自ら考えるようになったので表現力が豊かになり幼稚園での様子も臨場感あふれるように話してくれます。
えいしんでは小学校受験に必要なこと『だけ』ではなく、幼児期に必要な力、ゆくゆくは小学校から大人になるまでの学びに繋がる全てを教えてくれます。
今まで親自身が見逃していた長所短所もいろいろな場面で気づきを与えてくださいます。
木暮先生は一人ひとりの子の特徴をよく把握してくださり、足りないところを授業中でもしっかりフォローしてくださるので娘自身もえいしんへ通うのが楽しいようです。
家に帰っての復習も、できなかった事ができるようになる喜びを泣いて表現するまでになりました。
まだまだ、親子共々足りないところは沢山ありますが、これからも一つひとつのことを地道に積み重ねて充実した年長の一年を過ごしたいと思います。