バイリンガル幼児園&共働き…、不利でも小学校受験に挑戦

バイリンガル幼児園&共働き…、不利でも小学校受験に挑戦

年中クラスよりお世話になっております。
息子は2歳より英語の幼児園に通い、園では英語、家では日本語でのバイリンガル生活をしております。
乳児期より言語発達も早く、新しい環境への順応も良かったため不安はありませんでした。園では外国人の担任の先生との会話でも意見交換を堂々としていて、とても楽しそうに通っています。
そして、せっかく獲得した英語能力を少しでも維持できる環境を用意してやりたいと思い、小学校受験を検討し始めました。
調べると1年生から英語の時間があり、高学年になると希望者に短期交換留学をさせてくれるなど私学環境の良さに惹かれたのです。
我が家は共働きですので、それに理解があり、かつ英語の保育環境にいる息子のご指導を引き受けてくださる幼児教室はあるのかしら、大勢に埋もれて息子の良さを引き出してもらえないのは怖いので個人の先生がいいな、と探して英心に出会いました。
しかし、通い始めた当初の息子は桃色のクレヨンといわれても自分の知っているピンクのクレヨンを選ぶことはできず、数も英語で口ずさんでいます。
しりとりをしようにも英語名が先にでてしまうのでつながらず、日本の幼稚園に通われている他のお子さんと比べて日本語の力も劣っていると感じ辛くなりました。
小学校受験の勉強を進める中で、受験には逆に英語での園生活が不利になるのではないか、英語での園生活が彼の首を絞めるのであれば本末転倒ではないかと何度も悩みました。
そんな息子も徐々にではありますがやってできる楽しさ、学ぶ楽しさを感じているようで話を聞いて指示に従うことも少しずつできるようになってきました。
そして、何よりも息子は英心にいくことが好きで、楽しそうに通っています。
風邪をひいても休むのは絶対にいやだそうです。
木暮先生は厳しくも的確かつきめ細かい指導をしてくださり、親の子育ての姿勢に関しても度々指南してくださいます。
息子に関してもせっかくここまで来たのだから日本語と英語の二刀流でこのままいきましょうといってくださり、先生と息子を信じてこのままの環境で挑戦しようと決めております。
二足のわらじを履いての小学校受験。
結果はわかりませんし、不安もたくさんあります。
それでも英心に出会い、木暮先生のご指導を受けることは、その先までつながる価値を得られるものと確信しております。
英心とのご縁を本当に感謝しております。