その日以来、息子は完全に泣かなくなり、私に頼ることもしなくなりました…

その日以来、息子は完全に泣かなくなり、私に頼ることもしなくなりました…

小学校受験を決意したのは、年中の11月半ばでした。
少し遅い決断に、当時、私は毎日パソコンに向かい、幼児教室の情報収集に明け暮れておりました。
大手の幼児教室に体験予約を入れ、いよいよ「お受験スタート!」と思っていた矢先に英心との出会いがありました。
吉祥寺の英心の前を通りかかり、折角だから資料だけでもと思い、前をウロウロしていたところ、木暮先生とバッタリお会いし、色々とお話を伺っているうちに、「通うならこのお教室しかない!」と直感し、主人と相談し、翌日には体験の申込をしたのです。
体験後は、大手の幼児教室の体験を全て断り、12月から正式に英心に入会いたしました。
通い始めた頃、息子は私から離れられず、「ママ来て!」・「ママ教えて...」の連続でした。
問題の意味すら分からない様子で泣くばかりの状態でした。
年明け、木暮先生にご相談し、思い切って母子分離をしたところ、諦めたのか、泣くことも少なくなり、できないなりにも、何とか自分の力でやってみようとする姿勢が見え始めました。
そのうち、周りのお友達を意識し始め、だんだん英心のペースに入っていきました。
その頃、木暮先生はいち早く息子の性格を見抜いて下さり、早い段階で「喝」を入れて下さいました。
教室の外で待つ私にも聞こえる程の大声で…。
息子のみならず、私まで身が引き締まる思いだったことを、今でも鮮明に覚えております。
そして、その日以来、息子は完全に泣かなくなり、私に頼ることもしなくなりました。
小学校受験のために通い始めた英心ですが、お受験のための学習だけでなく、小学校入学後の学ぶことの基礎をしっかりと教えて下さいます。
それから、家庭での躾や日常生活の重要性の指摘を受け、私自身、親として子育てを見直すきっかけを木暮先生に作っていただきました。
まだまだ、課題は山積しておりますが、これから迎える厳しい夏を親子3人で乗り越え目標を達成したいと思っております。