幼稚園を早退させない『けじめ』

幼稚園を早退させない『けじめ』

幼児が初めて社会性を身につけるのは幼稚園です。
塾ではお子様の食事や排便まで教えることはできません。
塾によっては、早い時間帯は選抜コース、遅い時間帯は塾運営コースと割り切っているところもあります。
選抜コースを選択したお子様は幼稚園を早退しなければならない場合も多々生じます。
お母親は“〇〇ちゃん、塾に遅れるからもういらっしゃい。”と片付けもさせないでそそくさと手を引っ張って塾へ連れて行きます。
これでは、幼稚園の先生にとっては大変に扱いにくい子どもになってしまいます。
私はご両親様に“幼稚園は、あいさつに始まりあいさつに終わる。これをしっかりとさせてください。英心に連れてくるために、あいさつが終わってからでは到底間に合わないというのであれば、そのお子様には時間を繰り下げてでもご指導します。幼稚園は絶対に中途半端に終わらせてはいけません。”と申し上げます。
“今日は塾だから、お片付けはしなくていいのよ。”
これでは、物事全てにけじめがつかない子どもになってしまう