【小学校受験情報】お受験の悩み相談は指導歴30年の塾長が解決〔吉祥寺英心@塾〕

小学校受験_それ以前にもっと大切なものがある

果たして、受験塾の使命は合格必勝でしょうか。
親に従順な幼児期の受験で心すべきは、幼子の人格を潰してまで優先すべきことなんて何一つありません。
そもそも志望校へ合格させるだけなら、さほど難しいことではありません。
幼椎園受験とは異なり、大方の小学校受験は家庭としてすべき子育てをその月齢に応じて当然の如くやり遂げたご家庭のお子様が結果として合格するもの。
強いて挙げれば、11月1日なり期限が切られている中で、万事、タイムリーでなければならないということぐらいです。
私の指導方法は『よく見る・よく聞く・よく考える』こと。
その3本柱を礎に言語能力とが相侯って「豊かな思考 」が形成される。
柱1本いずれが欠けても「豊かな思考 」は成さないものと考えます。
これらの能力はお母様に赤ちゃんが宿って以降、環境に左右されながら、歳月とともに能力差となって表れます。
日々の子育てに「完壁」はなくとも、向上心は抱き続けていただきたいと願います。