【小学校受験情報】お受験の悩み相談は指導歴30年の塾長が解決〔吉祥寺英心@塾〕

小学校受験とは親と子が人生で真摯に向き合うドラマ

幼椎園受験、小学校受験は
家庭として成すべき子育てを
その月齢に応じて
当然の如くやり遂げたご家庭のお子様が
結果として合格する
わが子のより良い成長を願うのは親として当然のこと。
小学校受験とは、親御さんがある価値観のもとに、そうすることがわが子の『幸せ』であるとの思いから志す一つの通過点であって、小学校受験の成功がお子様にとっての人生目標ではない。
子ども自らが「将来、立派な大人になりたいから小学校を受験させてください」なぞと口にするはずもなく、すべては親のエゴ。
ですから、親は子どもを主役としたそのステージにすべての責務を負わねばなりません。
子を犠牲にすることなく小学校受験の幕を下ろしていただきたいのです。
決して、合格の代償に心に傷を負わせることがあってはならないのです。
「お受験のため、お受験だから…。」を大儀名分にした子育てからはより良い成長は適いません。
そのドラマから、親と子が学んだ体験を糧として、後の人生を有意義なものにしていただきたいと願います。