【小学校受験情報】お受験の悩み相談は指導歴30年の塾長が解決〔吉祥寺英心@塾〕

壁にぶち当たったら基本に帰る勇気

伸び悩み_頭では理解していても、そのお受験対策となると相当に勇気が要ります。
『見ること・聞くこと・話すこと』がままならないのに、お受験特有の焦りから背丈ほどのプリントをいくら積み上げても徒労に終わります。
小学生で、掛け算・割り算もできないのに、訳の分からぬままに四則計算の勉強をしても一歩たりとも先へは進めません。
四則計算をマスターするには、まずは一学年戻ってでも『九九・掛け算・割り算』の基本的な習得に努めることです。
でも、「そんなことをしていたら周囲から後れをとる…」との焦燥感にかられる思いは理解できます。
だから、やみくもに足元の難問(できない問題)にのみ目が向くのでしょう。
自動車の運転だって雪道にタイヤを阻まれ空転しているのにいくらアクセルをふかしても事態は進展しません。
伸び悩み_まずは今、事態進展のために何をすべきかを勇気をもって決断・実行しましょう。
そう、足元の瓦礫を取り除くが如く前へと歩みを進めましょう。
すべての習い事は【正しいことを、薄紙を一枚一枚、積み重ねること】
どうか、勇気をもって壁の向こうへ行くことを考えてください。