【小学校受験情報】お受験の悩み相談は指導歴30年の塾長が解決〔吉祥寺英心@塾〕

噂に振り回されないためには父親の目が必要

前出のJ子ちゃんのお母様も、他所の幼児教室を勧めたお母親も、
「あの幼児教室でなければ合格できない」という噂、呪縛に惑わされてしまったのでしょう。
お母様の行動を見ていると、
まずは春先に、志望する小学校の合格者の伝手で校長先生に面談をしてもらったようです。
また、運動会終了直後には校長先生のいらっしゃるテントに行列をなし、
“この度、受験させていただく○○でございます。よろしくお願いします。”とご挨拶もしているのです。
誰だって、いきなり頭を下げられれば社交辞令で受け答えはします。
ご挨拶だけならともかく、
“この度、受験させていただくために○○に引っ越しをしました。”とも言ったそうです。
どうしても御校に入れたいから引っ越しました。と、言われて心を動かされる校長先生がいるでしょうか。
“随分とご熱心なことで‥‥。”と仮に口にしても、そういう家庭で育った子どもは我儘で困ると思っているかもしれません。
一方、お父様の判断は結構的を射ていることが多いのです。
お母様ほど小学校受験の実情には詳しくなくても、やはり、厳しいビジネスの世界で生きているから「情報」であるのか「噂」であるのかを嗅ぎ分ける術は心得ているようです。
我々、大人が果たすべき役割は「より良い成育環境の提供」です。
有名幼稚園や有名小学校へ合格させることは単に通過点であり、その体験こそが貴重な財産なのです。