『食・寝・遊』ができている子は伸びる

『食・寝・遊』ができている子は伸びる

幼児期の子どもの成長は「食う」・「寝る」・「遊ぶ」で成り立っています。
これだけは、しっかりと覚えておいてください。
食べなければ、お腹が空いて、遊べない
遊びが足りなければ、疲れないから、熟睡できない
熟睡できなければ、食欲がわかない
食欲がなければ、遊べない
遊べなければ、熟睡できない
まさに、悪循環のくり返し
『食う・寝る・遊ぶ』これがきちんとできている子どもは
覇気がある
動きが機敏
瞳がキラキラと輝いている
個性豊かで、学習能力が頗る高い
『食う・寝る・遊ぶ』の躾は、幼児期の成長には欠かせない